CD
Nikolai Orloff plays Russian Piano Music 「ニコライ・オルロフ:ロシア・ピアノ曲集」
hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Nikolai Orloff plays Russian Piano Music 「ニコライ・オルロフ:ロシア・ピアノ曲集」

1,980 JPY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Review1

Free Shipping Over 16,000 JPY

About shipping cost

"Nikolai Orloff plays Russian Piano Music" Nikolai Orloff (Nicholas Orlov) was a concert pianist of the 19th century Romantic period. After graduating from the Moscow Conservatory, he studied piano with Konstantin Igumnov and composition and counterpoint with Sergei Taneyev. Often likened to an anti-virtuoso, Orloff captivated audiences with his lyrical style, and was a piano poet in the vein of his slightly older Russian counterpart, Ossip Gabrilowitsch. A series of LP records recorded for an Italian label in the early 60's, in his last years (just a few years before his death), captures this charm beautifully, offering about five LPs of piano music with Orloff's beautiful touch. His interpretation of Rachmaninoff's works, which takes up one side of the LP, is so beautiful and fragile that it is hard to forget. Chopin's performance(SKRP33032) of Sonata No. 3, Ballades No. 1 and No. 4, Fantasy, Barcarolle, and other major works, as well as the acclaimed Preludes and Mazurkas, are also included in the collection, providing more than enough reminders of Orloff's pianism. 01. Rachmaninoff Etude-Tableau in G minor, Op.33-8 02. Rachmaninoff Prelude in G, Op.32-5 03. Rachmaninoff Moments Musicaux in E-flat minor, Op.16-2 04. Rachmaninoff Prelude in C# minor, Op.3-2 05. Rachmaninoff Prelude in G# minor, Op.37-12 06. Rachmaninoff Lilacs in A-flat, Op.21-5 (Melodie) 07. Scriabin Etude in D# minor, Op.8-12 08. Scriabin Waltz in F minor, Op.1 09. Scriabin Etude in C# minor, Op.2-1 10. Liadov Prelude in B minor, Op.11-1 11. Prokofiev Vision Fugitives, Op.22-10 & 16 12. Prokofiev Gavotte, Op.32-3 13. Prokofiev Tales of the Old Grandmother, Op.31-2 14. Shostakovich Three Fantastic Dances, Op.1-1 Allegretto 15. Shostakovich Three Fantastic Dances, Op.1-2 Andantino 16. Kabalevsky Prelude in B minor, Op.38-6 Allegro molt 「ニコライ・オルロフ:ロシア・ピアノ曲集」 【収録トラック】 01. ラフマニノフ:絵画的練習曲 ト短調 作品33-8 02. ラフマニノフ:前奏曲 ト長調 作品32-5 03. ラフマニノフ:楽興の時 変ホ短調 作品16-2 04. ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調 作品3-2 05. ラフマニノフ:前奏曲 嬰ト短調 作品37-12 06. ラフマニノフ:リラの花 変イ長調 作品21-5 07. スクリャービン:エチュード 嬰二短調 作品8-12 08. スクリャービン:ワルツ ヘ短調 作品1 09. スクリャービン:エチュード 嬰ハ短調 作品2-1 10. リャードフ:前奏曲 ロ短調 作品11-1 11. プロコフィエフ:束の間の幻想 作品22より10番、16番 12. プロコフィエフ:ガヴォット 作品32-3 13. プロコフィエフ:年老いた祖母の物語 Op.31-2 14. ショスタコーヴィッチ:三つの幻想的な舞曲 作品5-1 アレグレット 15. ショスタコーヴィッチ:三つの幻想的な舞曲 作品5-2 アンダンティーノ-アレグレット 16. カバレフスキー:前奏曲 ロ短調 作品38-6 アレグロ・モルト ● ニコライ・オルロフ(ニコラス・オルロフ)は、19世紀ロマン派のコンサート・ピアニスト。モスクワ音楽院を卒業後、コンスタンチン・イグムーノフにピアノを、セルゲイ・タネーエフに作曲と対位法を学んだ。 しばしばアンチ・ヴィルトゥオーゾと例えられ、抒情的なスタイルで聴衆を魅了したオルロフは、少し先輩格であるロシアのピアニスト、オシップ・ガブリロヴィッチと相通ずるピアノの詩人であった。 この魅力を見事に捉えているのは、最晩年(死のわずか数年前)60年代の初頭にイタリアのレーベルに録音された一連のLPレコードで、LP5枚ほどのピアノ曲をオルロフの美しいタッチで堪能することができる。 とりわけロシア作曲家のピアノ小品を収めたこのアルバムは、まさに珠玉の名演揃いである。LP片面が費やされたラフマニノフの作品解釈は、ひたすら美しく儚い、どうにも忘れがたき歴史的名演奏盤である。 またショパン演奏(SKRP33032)も、ソナタ第三番やバラード第一番、第四番、幻想曲、舟歌などの大曲をはじめ、定評のあった前奏曲集やマズルカも選集として残されており、オルロフのピアニズムを十二分に偲ぶ事が出来る。 (マスタリング:夏目久生、録音DSDトランスファー、32bit192kHzマスタリング、1960年代初頭、モノラル録音)