Julius Isserlis plays Scriabin 24Preludes +2
591e72e1428f2d0ae9005215 591e72e1428f2d0ae9005215 591e72e1428f2d0ae9005215

Julius Isserlis plays Scriabin 24Preludes +2

1,944 JPY

About shipping cost

[tracks] 01-24. Scriabin : 24 Preludes, Op.11 ( rec. ca.1962 : Delta 12022 , LP-MONO ) 25. Chopin: a) Prelude in Bb minor,Op.28-16 b) Etude in G# minor,Op.25-6 26. Liszt : Gnomenreigen ( rec. ca. late1920s~1930s? : Cristal Electro 1367 ) TOTAL TIME : 38'02" Very faithful & high quarity DSD transfer & 32bit 192kHz. Sound Engineer : Hisao Natsume - Sakuraphon Format : Mono CD & mini LP CD Julius Isserlis (1888-1968) b. Kishinev, Russia. Studied V.Puchalski, V.Safonov, Taneyev and Widor, winning the Gold Medal 1906 at Moscow Cons. In 1907 he travelled to Paris to have lessons with Charles-Marie Widor, and then returned to Russia to teach in Odessa. After the October evolution in Russia, he moved to Vienna, establishing his reputation as virtuoso, teacher & composer. Settled in London prior to WW II. In later life activities curtailed by failing eyesight. Specialized in Chopin and Russian composers, especially Scriabin. Recorded Delta LP(Scriabin) and the rarest Cristal Electro 78rpms (Chopin, Liszt) include here. Composed very beautiful piano pieces which recorded by the young pianist Sam Heywood (hyperion CD, 1989). ユリウス・イッサーリス : スクリャービン「24の前奏曲集」+2 スクリャービンやラフマニノフを輩出したサフォノフ門下、ロシアピアニズムの巨匠ユリウス・イッサーリス (1888-1968) によるスク リャービン「24の前奏曲集」の完全復刻。 英国の作家コリン・ウィルソン氏も愛聴したレコードとしても有名。 イッサーリスの穏やかでひたすら耽美的、ゆったりとしたテンポで一つ一つの 音を大切にする演奏の心地良さは、スクリャービンの名手として知られるソフロニツキーの仄暗い情熱的な演奏と は好対照をなすもの。残響を抑えたモノラル録音の音の良さと相俟って、何度も何度も繰り返し聴き たくなる飽きのこない名演です。 また、ボーナストラックには、今まで知られていなかった若き日のイッサーリスのSP録音(ショパン&リス ト)が世界初収録された決定盤。 【収録曲】 1~24. スクリャービン:24の前奏曲集,Op.11 (原盤:DeltaモノラルLP盤、1962年録音) 25. ショパン:前奏曲,Op.28-16 & 練習曲,Op.25-6 26. リスト:妖精の踊り (原盤:Cristal-Electro 78rpm盤、1920〜1930年代頃の録音、※世界初復刻) TOTAL TIME : 38'02" (エンジニア:夏目久生、DSDトランスファー、32bit 192kHzリマスタリング) フォーマット:1 CD (エンジニア:夏目久生、DSDトランスファー、32bit 192kHzリマスタリング)