CD
Alexander Borovsky plays Liszt : 12 Transcendental Etudes / アレキサンダー・ボロフスキー:リスト「超絶技巧練習曲集(全12曲)」
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Alexander Borovsky plays Liszt : 12 Transcendental Etudes / アレキサンダー・ボロフスキー:リスト「超絶技巧練習曲集(全12曲)」

1,980 JPY

Free Shipping Over 20,000 JPY

About shipping cost

Alexander Borovsky plays Liszt : 12 Transcendental Etudes Alexander Borovsky (Aleksandr Kirilovich Borovski) (Borowsky) (March 8, 1889 - April 27, 1968) was born in Mitau, Latvia. His first teacher was his mother, a pupil of Vasili Safonov, the great Russian pianist. Later on he studied under Anna Essipova, the pupil and wife of Leschetitzky. Other her pupils included Leonid Kreutzer, Simon Barere, Sergei Prokofiev, Alfred Mirovitch, Igance Hilsberg, and Lev Pouishnov. Borovsky completed his studies at the St. Petersburg Conservatory, from which he graduated in 1912 with a gold medal and the Anton Rubinstein prize. In 1915 he was invited to lead a master class at the Moscow Conservatory. After leaving Russia in 1920, Borovsky embarked on a series of concert tours, which took him to all parts of the globe. At the same time he began to record some of the significant works of Bach and Liszt, and he was the first to record Bach's 30 Inventions and all of Liszt's Hungarian Rhapsodies.Borovsky settled in this country in 1941. On his concert tours he played under many famous conductors, such as Serge Koussevitzky, Bruno Walter, Wilhelm Furtwaengler, Sir Henry Wood, Paul Paray, Vladimir Golschman, Pierre Monteux, Erich Kleiber, John Barbirolli and others. Also Borovsky tought Eugen Indjic(1947~) who aged 9 years old boy in USA. ● LISZT : 12 transcendental Etudes, S.139 01. “Preludio” in C major 02. “Molto vivace” in A minor 03. “Paysage” in F - Poco adagio 04. “Mazeppa” in D minor - Allegro 05. “Feux follets” in B-flat - Allegretto 06. “Vision” in G minor - Lento 07. “Eroica” in E-flat major - Allegro 08. “Wilde Jagd” in C minor - Presto furioso 09. “Ricordanza” in A-flat major - Andantino 10. “Allegro agitato molto” in F minor 11. “Harmonies du Soir” in D-flat major - Andantino 12. “Chasse-Neige” in B-flat minor - Andante con moto アレクサンダー・ボロフスキー(1889年3月8日-1968年4月27日) ラトビアのミタウ出身。最初のピアノ教師は、偉大なロシアのピアニストであるワシリィ・サフォノフの弟子だった母親でした。その後、レシェティツキーの弟子であり妻であるアンナ・エシポヴァに師事。(エシポヴァの生徒には、レオニード・クロイツァー、シモン・バレーレ、セルゲイ・プロコフィエフ、アルフレッド・ミロヴィッチ、イグナッツ・ヒルスベルグ、レフ・プイシュノフがいます。)
ボロフスキーはサンクトペテルブルク音楽院で勉強を終え、1912年に金メダルとアントン・ルビンスタイン賞を受賞して卒業。
 1915年に彼はモスクワ音楽院でマスタークラスを率いるように招待されました。
 1920年にロシアを離れた後、ボロフスキーは一連のコンサートツアーに乗り出し、世界中に彼を連れて行きました。同時に彼はバッハとリストの重要な作品のいくつかを録音し始め、バッハの30の発明とリストのハンガリー狂詩曲のすべてを録音した最初の人物でした。ボロフスキーは1941年に米国に定住しました。セルジュ・クセヴィツキー、ブルーノ・ウォルター、ウィルヘルム・フルトウェングラー、サー・ヘンリー・ウッド、ポール・パレー、ウラジミール・ゴルシュマン、ピエール・モンテー、エリック・クライバー、ジョン・バルビローリなど、多くの有名な指揮者。また、ボロフスキーは、9歳の少年だったユージン・インジック(1947〜)を教えました。 ボロフスキーのレコードはSPからLP時代まで五月雨式に残されていますが、特にこのリスト「超絶技巧練習曲集」はレシェティツキ派ピアニストによる「超絶技巧練習曲集」の決定的な名演として語り継がれています。 ● リスト:12の超絶技巧練習曲集, S139 01. 前奏曲 02. モルト・ヴィヴァーチェ 03. 風景 04. マゼッパ 05. 鬼火 06. 幻影 07. 英雄 08. 荒々しき狩 09. 回想 10. アレグロ・アジタート・モルト 11. 夕べの調べ 12. 雪あらし フォーマット:Audio CD(ミニLPジャケット仕様, 二つ折り4P)、モノラル録音(1956年) マスタリング:夏目久生 収録時間:60分14秒