Pupils of Leschetizky Vol.3 (pianists born in 1880 to 1882)
new
5c79e047808dfa7af344aee7

Pupils of Leschetizky Vol.3 (pianists born in 1880 to 1882)

2,376 JPY

Free Shipping Over 10,000 JPY

About shipping cost

● Arthur Shattuck (1881-1951) Bach : Siciliano (priveate recording) ● Richard Bühlig (1880-1952) with his pupil Wesley Kuhnle Bach : Art of Fugue - Counterpoint VI (priveate recording) ● Michael von Zadora (1882-1946) Bach : Sarabande and Partita Mozart : 3rd mvt. from Piano Concerto No. 17 in G (broadcast recs.) ● Ignaz Friedman (1882-1948) Chopin : Nocturne No.16 in Eb, Op.55-2 Chopin : Waltz No.9 in Ab, Op.69-1 (discovered published take) Friedman : Elle Danse, Op.10-5 ● Vladimir N. Drozdoff (1882-1960) Scriabin : Etude in D# minor, Op.8-12 Scriabin: Sonata No.4 in F, Op.30 Schubert (arr.Liszt) : Erlkönig (from Drozdoff Society Collection) Chopin : Polonaise No.6 in Ab, Op.53 “Heroic” (ditto) Drozdoff : Valse-Scherzo (ditto) Tchaikovsky : Meditation, Op.72-5 (Piano Roll) Liapunoff : Carrillons, Op.11-3 (Piano Roll) ● John Powell (1882-1963) wuth John Langstaff (Baritone) Powell : Bonnie Wee Thing (Dedication to L.B.P), Op.34-1 from “Five Virginian Folk Song” ● アルトゥール・シャタック(1881-1951) バッハ:シチリアーノ(プライヴェート・アセテート録音) ● リヒャルト・ブーリッヒ(1880-1952)w/ウェズリー・キューンル バッハ:コントラプンクトゥス第6番〜フーガの技法より (プライヴェートSP録音) ● ミヒャエル・フォン・ツァドラ(1882-1946) バッハ:サラバンドとパルティータ ハ長調 BWV.990 (省略版) モーツァルト:第三楽章 〜ピアノ協奏曲第17番ト長調KV.453 (w/室内アンサンブル、指揮:エディ・ブラウン)1943年ラジオ放送録音 ● イグナッツ・フリードマン(1882-1948) ショパン:ノクターン第16番変ホ長調作品55-2 ショパン:ワルツ第9番変イ長調作品69-1「告別」(新発見された発売テイク・世界初復刻) フリードマン:彼女は踊る 作品10-5 ● ウラディミール・ドロズドフ(1882-1960) スクリャービン:エチュード 嬰二短調 作品8-12 スクリャービン:ソナタ第4番 嬰ヘ長調 作品30 シューベルト(リスト編):魔王(プライヴェート録音) ショパン:ポロネース第6番 変イ長調 作品53「英雄」(プライヴェート録音) ドロズドフ:ヴァルス・スケルツォ(アネッテ・エシポヴァに捧ぐ)(プライヴェート録音) チャイコフスキー:瞑想 作品72-5(ピアノロール) リャプノフ: 鐘 作品11-3 〜12の超絶技巧練習曲(ピアノロール) ● ジョン・パウエル(1882-1963) w/ジョン・ラングスタッフ(バリトン) パウエル:L.B.P. に捧げる 作品34-1〜5つのヴァージニア民謡 解説:レシェティツキ門下の秘蔵ピアノレコードを徹底的に紹介するシリーズ第三弾。本作はレシェティツキ門下の中核をなす、1880年から1882年生まれのピアニストたちを収録した必聴のアンソロジー。聴きどころは、世紀のショパン弾きであるイグナッツ・フリードマンの新発見音源(スペインでのみ発売された公式テイク)のショパン「告別のワルツ」、レシェティツキの演奏法から多くを吸収したアルトゥール・シャタックのプライヴェート録音、ブゾーニの弟子でもあったツァドラの弾くモーツァルト(ラジオ放送録音)、そして19世紀的なロシアピアニスト、ウラディーミール・ドロズドフの貴重な音源をドロズドフ協会の全面協力を得て完全収録しました。