Nikolai Orloff plays Chopin
new
5e6d8e06e20b04024f9a5562

Nikolai Orloff plays Chopin

1,980 JPY

Free shipping

About other shipping cost

Nikolai Orloff plays Chopin Performer : Nikolai Orloff (pf) Catlogue No.:SKRP33032 Label : Sakuraphon Format : Audio CD(Mini LP jacket, Paper sleeve 4P) TRACKS: 01. Ballade No.1 in G minor, Op.23 02. Ballade No.4 in F minor, Op.52 03. Nocturne No.5 in F# major, Op.15-2 04. Nocturne No.8 in D-flat major, Op.27-2 05~08. Piano Sonata No.3 in B minor, Op.58(Complete) 09. Fantasie in F minor, Op.49 TOTAL TIME : 69’ 41” (Recorded : Early 1960s, Italy.) Born 1892 in Russia, Nikolai Orloff is a famous pianist who studied piano at the Moscow Conservatory with Konstantin Igmunov and composition and counterpoint with Sergey Tanyev. He made his debut in 1912, and under the direction of the composer himself, performed the premiere of Glazunov's "Piano Concerto" with great success. Later, Orloff moved to Western Europe and played an active as a concert pianist. In the late 1920's and 1930's, he released Ampico's piano roll and Tchaikovsky's Piano Concerto and a small pieces of Chopin on UK Decca. After that, there was only an acetate board for performance activities and broadcast recordings, but no recordings. The performance on this reissued CD is a r a studio recording that began violently on an Italian minor label in the early 1960s. These sessions by Orloff who did not actively record, are relaxed and spontaneous, and are the best Chopin masterpieces to learn about his aesthetic and delicate charm. 「ニコライ・オルロフ ショパン名演集」 製品番号:SKRP33032 タイトル名(英題):Nikolai Orloff plays Chopin Label : Sakuraphon Format : Audio CD(ミニLPジャケット仕様) 収録トラック: 01. バラード 第1番 ト短調 作品23 02. バラード 第4番 へ短調 作品52 03. 夜想曲 第5番 嬰へ長調 作品15-2 04. 夜想曲 第8番 変ニ長調 作品27-2 05~08. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58(全曲) 09. 幻想曲 へ短調 作品49 TOTAL TIME : 69’ 41” 【CD解説】ロシアに生まれたニコライ・オルロフは、モスクワ音楽院でピアノをコンスタンチン・イグムノフに、作曲と対位法をセルゲイ・タネーエフに学んだ名ピアニスト。デビューを果たした1912年には、作曲者自身の指揮でグラズーノフ「ピアノ協奏曲」の初演も務め大成功を収めています。 その後、オルロフは西側に拠点を移しコンサートピアニストとして活躍し、1920後半から1930年代にかけてアンピコ・ピアノロールと、英デッカにチャイコフスキー「ピアノ協奏曲(全曲)」と、ショパンの小品をSPレコード6面を発売。その後、演奏活動や放送録音のアセテート盤があるのみで、レコーディングを行いませんでした。このCDに収めた演奏は、1960年代初頭にイタリアのマイナーレーベルに猛然と始めたスタジオ録音からの復刻となります。積極的にレコーディングを行わなかったオルロフが最晩年になって行ったこれらのセッションは、リラックスして自発性に富んでおり、オルロフの耽美的で繊細な魅力を知る上で最良のショパン名演集となっています。