CD
Edward Weiss : Piano Recital (A pupil of Busoni) / エドワード・ヴァイス:ピアノ・リサイタル(ブゾーニの弟子たち)
hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Edward Weiss : Piano Recital (A pupil of Busoni) / エドワード・ヴァイス:ピアノ・リサイタル(ブゾーニの弟子たち)

1,980 JPY

About shipping cost

Weiss, Edward (George ) (b New York, Sept 6, 1892; d New York, Sept 28, 1984). American pianist . Born into a musical German-Nordic family, he grew up in Europe and studied in Berlin with Alexander Rihm and Xaver Scharwenka, through whom he was introduced to Busoni. He began to study with Busoni in 1914, following him to the USA in 1915 and returning with him to Europe, first to Zürich and then back to Berlin at the end of World War I. In 1921 he made his début with the Berlin PO under Busoni's baton. During his time in Berlin, in addition to giving masterclasses at the Klindworth-Scharwenka Conservatory, Weiss performed a large repertory, including the 32 Beethoven sonatas; the scale of his programmes, such as the complete études and preludes of Chopin or the entire Années de pèlerinage of Liszt in a single evening, reflected the monumental style of his mentor. He subsequently returned to New York, where he taught and performed for many years.  [track list] 01. CHOPIN : ETUDE IN C MINOR, Op. 25-12 02. BRAHMS : TWO WALTZES from Op. 39, (Nos. 16 and 15) 03. Von WEBER : PERPETUAL MOTION ~ Rondo from Sonata, Op. 24 04. J.S.BACH : PRELUDE IN C# MAJOR 05. J.S.BACH : FUGUE IN C MINOR 06. MENDELSSOHN : SPINNING SONG, Op. 67-4 07. DE SOLIS : CAPRICCIO ESPAGNOLE 08. BRAHMS : RHAPSODY IN G MINOR, Op. 79-2 09. SCHUBERT : MOMENT MUSICALE, Op. 94-3 10. SIBELIUS : ROMANCE IN D FLAT MAJOR, Op. 24 -9 11. SAEVERUD : RONDO AMOROS0, Op. 14-7 12. LISZT : WALDESRAUSCHEN (Forest Murmurs) Format : MONO Audio CD, 4P paper sleeve Mastering: Hisao Natsume, DSD transfer, 32bit192kHz Re-mastering TOTAL TIME : 42'58" エドワード・ヴァイス(1892-1984)はドイツと北欧の音楽家に生まれ、ヨーロッパで育ち、ベルリンでAlexander RihmとXaver Scharwenkaに師事し、ブゾーニに紹介されました。 1914年にブゾーニに師事し始め、1915年にアメリカへ渡り、第一次世界大戦後には最初はチューリッヒへ、その後ベルリンへ戻りました。 1921年には、ブゾーニ指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団で、バッハの「ニ短調」、ブゾーニ「インドの日記」、モーツァルトの「ハ長調」の、3つ協奏曲を演奏してデビューを果たします。 ベルリン滞在中にはクリントヴォルト=シャルウェンカ音楽院でマスタークラスを受け持ち、ベートーヴェンの32のソナタ全曲を含む大規模なレパートリーを演奏しました。その他、ショパンのエチュード全曲集、24の前奏曲集、リスト「巡礼の年」全曲など、ヴァイスのプログラムは師匠ブゾーニの記念碑的なスタイルを反映していました。 その後ニューヨークに戻り、そこで長年教えながら演奏活動を続けました。 ヴァイスはレコードをあまり残さなかったピアニストで、SP盤では独VOX、CIRCLというレーベルにブゾーニ作品を数曲、未発売のアセテート録音にはリストやシベリウスなどの作品が残されています。 本アルバムは、1950年代にアメリカで録音されたモノラル・レコードからの復刻であり、幅広いプログラムを知る貴重な音源となっています。 【収録トラック】 01. ショパン:練習曲 ハ短調 Op.25-12 02. ブラームス:二つのワルツ Op.39-16 & 15 03. ウェーバー:常動曲 〜ソナタ ハ長調 Op.24 04. J.S.バッハ:前走曲 嬰ハ長調 05. J.S.バッハ:フーガ ハ短調 06. メンデルスゾーン:紡ぎ歌 Op.67-4 07. ド・ソリス:スペイン奇想曲 08. ブラームス:狂詩曲 ト短調 Op.79-2 09. シューベルト:楽興の時 へ短調 Op.94-3 10. シベリウス:ロンド・アモローソ Op.14-7 11. セーヴェルー:ロンド・アモローソ Op.14-7 12. リスト:森のささやき フォーマット:Audio CD(ミニLP風紙ジャケット仕様, 二つ折り4P) マスタリング:夏目久生 収録時間:42分58秒